苫小牧市内

3月29日の鳥見

休日と送別会が重なってしまったため、札幌での付き添いはお休みして、日中ひさしぶりの鳥見をしてきました。

まずは苫小牧漁港にハシビロガモ。

Img_1032st_hasibirogamo_tomakomaigy


次は市民文化公園。

遠目にアカハラ?と思ってよく見たら、ハチジョウツグミっぽいのがいました。

Img_1070st_hatijoutugumi_tomakomai_

この種は個体差があるようで、100%ハチジョウといっていいのかどうか、迷います。
Img_1171st_hatijoutugumi_tomakomai_
胸の色は赤味を帯びているのですが、

Img_1212st_hatijoutugumi_tomakomai_

尾羽の背面に赤味はありません。
Img_1213st_hatijoutugumi_tomakomai_
ヨジョウハンならぬ、ロクジョウはあるかな?

街中はカササギがあちこちで営巣の準備に入ってます。

Img_1243st_kasasagi_tomakomai_p


苫小牧東港にはヨシガモ。

Img_1287st_yosigamo_tomakomaihigasi


むかわにはミヤマガラスと

Img_1319st_miyamagarasu_mukawa_p


マガン。

Img_8683st_magan_mukawa_p


夏鳥と言えるのは、、、

ヒバリとハクセキレイを見かけたくらいでしょうか。

| | コメント (6)

カササギ

交差点で信号待ちの時に、道端にカササギがいました。

001s_kasasagi


行動は、ほとんどカラスといっしょです。

005s_kasasagi_p


助手席から、ぴーちゃんがコンデジ16倍ズームで撮影しました(ノートリ)。

007s_kasasagi_p


子育ても終わったようで、夕方には集団でねぐらに戻る姿が見られます。

| | コメント (4)

クロジ再び

こちらも5月23日の鳥見(夕方)です。

朝、クロジを初見できたので気を良くして夕方、再び公園へ。

センダイムシクイはまださえずりを聞かせてくれません。

Img_1766st_sendaimusikui_tomakomai_


コサメビタキ

Img_1770st_kosamebitaki_tomakomai_p


そして、クロジ♂

Img_1822st_kuroji_tomakomai_p


逆行でピンぼけですが、クロジ♀も見つけることができました。

花は、エゾエンゴサクです。

Img_1844st_kuroji_tomakomai_p

| | コメント (5)

カシラダカ

お食事を終えてくつろいでいるカシラダカ

300mmノートリミング

Img_6516s_kasiradaka_tomakomai_p (ぴ)

200mmノートリミング

Img_1924s_kasiradaka_tomakomai_y (や)

こちらはデジスコ、ノートリミング

Cimg9261s_kasiradaka_tomakomai_y (や)

こちらは食事中の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=7I1Ssy2ikh8

| | コメント (4)

イスカみたび

ちょっとこの頃鳥見にいってません。

2月14日の画像です。

Img_5705s_isuka_tomakomai_p

Img_5870s_isuka_tomakomai_p

いずれも(ぴ)300mmノートリミング

この公園はさすがに名所だけあって、イスカを目撃する可能性が高いように思われます。

でもひとつ面白いことに気が付きました。

それは、鳥に嫌われる人もいるということです。

このイスカたちは、私たちが7,8mの距離に近づいても平気だったのに、

あるカメラマンが来ると一度ならず二度までも遠くへ逃げ去ってました。

特に目をひくような色の服は着ていなかったと思うのですが・・・。

| | コメント (8)

マヒワ

イスカの群れとともに松の木にやってきたマヒワです。

Img_0406st_mahiwa_tomakomai_y

イスカが満腹する頃には、いなくなっていました。

Img_0409st_mahiwa_tomakomai_y

いずれも(や)200mmトリミング

ベニヒワは見かけませんね。

ま、見られる年にはいやというほど見られるのでしょう。

| | コメント (2)

再びレンジャク

2月2日の鳥見は、あちこちでレンジャクにも遭遇しました。

ただ、100羽以上の大きな群れではなく、数羽単位の小さな群ればかりでした。

むかわの道の駅に4羽のレンジャクがいましたが、なんとそのうち2羽がヒレンジャクででした。

夕陽を浴びてまったり。

Img_4725st_hirenjaku_mukawa_p

Img_4739st_hirenjaku_mukawa_p

こちらは、キレンジャク。とまってるナナカマドの木には、実はほとんどありません。

Img_4744st_kirenjaku_mukawa_p

いずれも(ぴ)トリミング

| | コメント (0)

再びイスカ

2月2日の鳥見です。

公園で、再びイスカに遭遇できました。

黄色い個体。

Img_3935st_isuka_tomakomai_p

こちらは、♂

Img_3992st_isuka_tomakomai_p

ひとしきり食べ終わった後、陽当たりのいい木に移って、まったり。

Img_4042st_isuka_tomakomai_p

Img_4050st_isuka_tomakomai_p

いずれも(ぴ)トリミング

| | コメント (3)

カシラダカ

市内の公園も、イスカやレンジャクの姿が見られなくなりました。

今年は個体数が多かったようですから、樹木の実もすぐに食べつくされてしまったのでしょう。

収穫なしかなと引き上げかけたときにカラ類の群れが。

ヤマガラ

Img_3126st_yamagara_tomakomai_p

シジュウカラ

Img_3190st_sijuukara_tomakomai_p

ハシブトガラかな?

Img_3197st_hasibutogara_tomakomai_p

そして、カシラダカ♂!

Img_3150st_kasiradaka_tomakomai_p

こちらはカシラダカ♀

Img_3147st_kasiradaka_tomakomai_p

いずれも(ぴ)トリミング

ぴーちゃんはコムケ湖で見ています

http://byakkoku.cocolog-nifty.com/blog/cat21719213/index.html

が、私は初見でした。

| | コメント (4)

仲良し?

Img_0669st_kirenjaku_tomakomai_p

「あげる」

Img_0673st_kirenjaku_tomakomai_p

「あ~ん」

Img_0674st_kirenjaku_tomakomai_p

「やめた」

Img_0675st_kirenjaku_tomakomai_p

「なんだよっ!」

Img_0676st_kirenjaku_tomakomai_p

いずれも(ぴ)トリミング

| | コメント (4)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アオアシシギ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカゲラ アカショウビン アカハラ アジサシ アトリ アビ アホウドリ アマツバメ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウトナイ湖 ウミアイサ ウミガラス ウミスズメ ウミネコ ウミバト エゾフクロウ エゾライチョウ エトピリカ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオジシギ オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロワシ オバシギ オムサロ原生花園 カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カモメ カヤクグリ カルガモ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト(ドバト) カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジバト キセキレイ キバシリ キビタキ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ ギンザンマシコ クイナ クビワキンクロ クマタカ クロアシアホウドリ クロガモ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ ケアシノスリ ケイマフリ コアオアシシギ コアカゲラ コアホウドリ コウライアイサ コウライキジ コオバシギ コオリガモ コクガン コケワタガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コムケ湖 コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ シジュウカラガン シノリガモ シマアオジ シマアジ シマフクロウ シメ ショウドウツバメ シロカモメ シロハヤブサ シロハラ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ センダイムシクイ ソリハシシギ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タンチョウ ダイサギ ダイゼン チゴハヤブサ チシマウガラス チュウサギ チュウシャクシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツグミ ツツドリ ツバメ ツミ ツメナガセキレイ ツメナガホオジロ ツルシギ トウゾクカモメ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ニュウナイスズメ ノゴマ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシジロアビ ハシビロガモ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハジロカイツブリ ハチクマ ハマシギ ハマヒバリ ハヤブサ バン ヒガラ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメウ ヒメハジロ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フルマカモメ ヘラサギ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロガモ ホシハジロ ポロト湖 マガモ マガン マキノセンニュウ マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミミカイツブリ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ メジロ メダイチドリ モズ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 二十間道路 勇払マリーナ 勇払湿原 動物 北大研究林 厚内 大山(紋別山) 室蘭 支笏湖 文化・芸術 新冠 新冠川 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 有珠善光寺 沙流川 真歌公園 紋別公園 紋別市内 紋別港 苫小牧市内 苫小牧東港 野草 野鳥 錦大沼 長都沼 静内川 鵡川