鵡川

ヒドリガモ

なぜか、草地ではないところにいるヒドリガモ。

Img_0517st_hidorigamo
水辺からは数十メートル距離があります。
動きがシンクロ。
Img_0519st_hidorigamo
鳴き声も仕草も愛らしい鳥です。
Img_0526st_hidorigamo

| | コメント (0)

2月14日の鳥見

出発まもなく、電柱にケアシノスリ。
Img_0435st_keasinosuri
出足から幸先が良いです。
日高門別ではハイイロチュウヒ♀がカラスにモビングされていました。
Img_0449st_haiirotyuuhi
富浜漁港ではこの鳥がお昼寝。
Img_0469st_kanmurikaituburi
顔は写ってませんが、後頭部でカンムリカイツブリとわかります。
沙流川付近では再びケアシノスリ
Img_0475st_keasinosuri
オジロワシ
Img_0508st_ojirowasi
むかわではアトリ
Img_0545st_atori
わかりにくいですが、これほとんどミヤマガラスの群れ
Img_0221st_miyamagarasu_y
苫小牧東港にはハジロカイツブリ
Img_0204st_hajirokaituburi
あちこちでベニヒワ
Img_0685st_benihiwa
ベニヒワはハンノキが好きですね。
海岸草原だとなかなか落ち着きませんが、ハンノキの林の中ではじっくり被写体になってくれます。

| | コメント (0)

コチドリ

今季初めてフクジュソウを見つけました。

Img_3065s_hukujusou_mukawa_y


これを見つけると、間違いなく春を実感します。

二十間道路の桜のトンネルも5月の桜まつりにむけて整備中。

Img_2998s_nijukkendouro_sizunai_y

つばめのように空中を飛び回ってる小鳥が一羽。

Img_8657st_kotidori_y_4


コチドリでした。

Img_9010st_kotidori_mukawa_p

降り立ったコチドリを、地上で待ち構えていた2羽が追いかけ回します。

Img_8945st_kotidori_mukawa_y_3

河川敷のように見えますが、ここは昆布干場です。

漁師さんが大目に見てくれない限り、繁殖は不可能なんですけど。

| | コメント (4)

私は誰?

オオハクチョウの群れの中にガンの仲間が一羽。

Img_2854st_sakaturagan_mukawa_y

マガンかなと思って見てたら、

Img_2860st_sakaturagan_mukawa_y

サカツラガンでした。

Img_8205st_sakaturagan_mukawa_p


けっこう、こわもての顔つきですね。

Img_8216st_sakaturagan_mukawa_p



| | コメント (6)

餌のあるところに・・・

12月18日にシメの大群を見たとブログに書きましたが、
http://byakkoku.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-afda.html

場所を変えながら2月26日現在でも数百羽残っているようです。

Img_2062st_sime_mukawa_y


それを狙って猛禽が大集合です。

ハイイロチュウヒ♀

Img_1844st_haiirotyuuhi_mukawa_y


オオタカ若

Img_2071st_ootakaj_mukawa_y


ノスリ

Img_1956st_nosuri_mukawa_y


コチョウゲンボウの若?

Img_7391st_kotyougenbouj_mukawa_p


ハヤブサ若

Img_7408st_hayabusaj_mukawa_p

| | コメント (2)

セグロセキレイ

1月31日は晴れ渡って、静内川から見る日高山脈もくっきり。

Img_1101s_hidakasanmyaku_y


芽吹いているのは、ネコヤナギでしょうか。

Img_1125s_nekoyanagi_mukawa_p

まだ節分前ですが、こころなしか光の量が多く感じられるのがうれしいです。

Img_1115s_oohakutyou_sizunaigawa_y


場所が変わって、こちらではセグロセキレイがまったりとひなたぼっこ。

Img_4958st_segurosekirei_mukawa_p

河原では見かけますが、見晴らしのいい枝に止まってるのは珍しいような気がします。

Img_4995stt_segurosekirei_mukawa_p

正面顔です。

Img_5004st_segurosekirei_mukawa_p


ひとしきりモデルになってくれた後、飛び去って行きました。


| | コメント (4)

シメ

100羽くらいのシメの群れは何度か見てますが、これだけの群れは初めてです。

Img_4316s_sime_mukawa_p


道路をはさんで右も左もシメ、シメ。

Img_4286s_sime_mikawa_p

数百メートル車を走らせてもシメのなる木が。

Img_0957s_sime_mukawa_p


なにかの拍子にこちらへ向かって飛んでくると、すごい迫力です。

Img_4273s_sime_mukawa_p


かなり誇大表現になりますが、空を覆い尽くす感じになります。

Img_0941s_sime_mukawa_p

道端の木にとまってくれた個体もいました。

強面の♂。

Img_4347st_sime_mukawa_p


ちょっとかわいい雰囲気の♀。

Img_4352st_sime_mukawa_p


でも、振り向くとやはり強面ですね。

Img_4353st_sime_mukawa_p

| | コメント (2)

漁港にて

ヒドリガモの群れです。

Img_3905st_hidorigamo_mukawa_p


それとちょっと離れたところにこの子がいました。

Img_3895st_amerikahidori_mukawa_p

| | コメント (4)

コクガン

昨シーズンのこの場所、1羽か2羽でしたが、今シーズンは4羽に増えてました。

Img_3888_kokugan_mukawa_p


今年もこの場所がお気に入りのようです。

Img_3897st_kokugan_mukawa_p

| | コメント (4)

牧草地にタンチョウ発見。

Img_2996s_tantyou_mukawa


昨年4月に沙流川で見かけてから、4回目です。

(右のタンチョウのリンクをクリックしてみてください)

このあとの2枚はデジスコ撮影。

Cimg9851s_tantyou_mukawa

2シーズンとも幼鳥を連れて歩く姿は見かけてません。

だんだんと近づいて来ましたが、私達に気づいて警戒されました。

Cimg9876s_tantyou_mukawa


撮影はここまでにして、切り上げました。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アオアシシギ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカゲラ アカショウビン アカハラ アジサシ アトリ アビ アホウドリ アマツバメ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウトナイ湖 ウミアイサ ウミガラス ウミスズメ ウミネコ ウミバト エゾフクロウ エゾライチョウ エトピリカ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオジシギ オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロワシ オバシギ オムサロ原生花園 カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カモメ カヤクグリ カルガモ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト(ドバト) カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジバト キセキレイ キバシリ キビタキ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ ギンザンマシコ クイナ クビワキンクロ クマタカ クロアシアホウドリ クロガモ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ ケアシノスリ ケイマフリ コアオアシシギ コアカゲラ コアホウドリ コウライアイサ コウライキジ コオバシギ コオリガモ コクガン コケワタガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コムケ湖 コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ シジュウカラガン シノリガモ シマアオジ シマアジ シマフクロウ シメ ショウドウツバメ シロカモメ シロハヤブサ シロハラ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ センダイムシクイ ソリハシシギ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タンチョウ ダイサギ ダイゼン チゴハヤブサ チシマウガラス チュウサギ チュウシャクシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツグミ ツツドリ ツバメ ツミ ツメナガセキレイ ツメナガホオジロ ツルシギ トウゾクカモメ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ニュウナイスズメ ノゴマ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシジロアビ ハシビロガモ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハジロカイツブリ ハチクマ ハマシギ ハマヒバリ ハヤブサ バン ヒガラ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメウ ヒメハジロ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フルマカモメ ヘラサギ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロガモ ホシハジロ ポロト湖 マガモ マガン マキノセンニュウ マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミミカイツブリ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ メジロ メダイチドリ モズ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 二十間道路 勇払マリーナ 勇払湿原 動物 北大研究林 厚内 大山(紋別山) 室蘭 支笏湖 文化・芸術 新冠 新冠川 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 有珠善光寺 沙流川 真歌公園 紋別公園 紋別市内 紋別港 苫小牧市内 苫小牧東港 野草 野鳥 錦大沼 長都沼 静内川 鵡川