動物

走古丹のエゾシカ

今日は鳥ではありません。エゾシカの話題です。

一昨年、同宿した人から、「走古丹にエゾシカが1000頭以上いた」と聞いてましたが、これほどとは。。。

002st_ezosika_hasirikotan_p


写したのは海岸線部分ですが、陸地内部もエゾシカだらけです。

Img_8524st_ezosika_hasirikotan_y


あちこちで道路を横断していて、クラクションを鳴らしてみたら、固まって動かなくなってしまいます。

根室半島にも進出していて、国道脇は鹿よけフェンスの設置工事をやっていました。

最期に、夕日とエゾシカです。

Img_8531s_ezosika_hasirikotan_y

| | コメント (4)

エゾシマリス

お食事中のエゾシマリスを発見。Img_7397s_ezosimarisu_yuuhutu_p

あっ、見つかっちゃった。

Img_7406s_ezosimarisu_yuuhutu_p

Img_7413s_ezosimarisu_yuuhutu_p

いずれも(ぴ)

| | コメント (2)

エゾトガリネズミ

11月27日、ウトナイ湖の「シマアオジの径」で、小動物の死骸を発見。

Cimg5487s (や)

サンクチュアリに問い合わせたら、「エゾトガリネズミ」だそうです。

Img_7013s (ぴ)

独特の悪臭があるため、死後もなかなか他の動物に食べられることがなく、
死骸を人間に目撃される事がたびたびあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エゾシマリス

ハス池の真ん中に咲くこの花が、しばらくわかりませんでした。

Cimg2337s_omusaro

エゾミソハギだったのですね。

人なつっこいエゾシマリス

Img_3903_simarisu_omusaro_p

イチヤクソウ

Img_3283s_itiyakusou_omusaro

エゾスズラン

Img_3921_ezosuzuran_omusaro_p

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キタキツネ

花の撮影に夢中になっていたら、道の向こうから来た狐(キタキツネ)。

Img_2897s_kitakitune_sibunotunai

行く手を車がふさいでるのに、どんどんこちらへ。

Img_2898s_kitakitune_sibunotunai

Img_2900s_kitakitune_sibunotunai

さすがに近づいてみると、人の気配を察したのか、

Img_2901s_kitakitune_sibunotunai

きびすを返して

Img_2903s_kitakitune_sibunotunai

海岸へ消えてゆきました。  ぴーちゃん撮影 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シマリス

昨日(13日)から画像の表示方法を少し変えました。

見やすくなったでしょうか、不具合があったら教えてください。

このシマリス、ときどき道路わきに出てきて出迎えてくれます。

Img_3103s_simarisu_komukeko

2,3枚目は笑ってるような顔に見えませんか?

Img_3108s_simarisu_komukeko

Img_3117s_simarisu_komukeko

Img_3127s_simarisu_komukeko

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アザラシの赤ちゃん2

ゴマフアザラシの赤ちゃん、その後、保護されたそうです。

元気になって、海に帰ってくれるといいですね。

Cimg0037s_azarasi_komukeko

この赤ちゃんにとって、大海原はあまりにも広すぎますね。

Cimg0040s_azarasi_komukeko 

ゴマちゃんみたい・・・

Img_6129s_azarasi_komukeko

波に現れるまま。

Img_6203s_azarasi_komukeko

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アザラシの赤ちゃん

2日朝、波打ち際にアザラシの赤ちゃん発見。
Img_6105s
全身白毛は初めて見ました。
カラスが近寄ってるのが気になる。
Cimg0038s
衰弱してるのか、日向ぼっこなのか、判断しかねてオホーツクとっかりセンターへ連絡。
人間が近づいても逃げたり攻撃しなければ弱っているということで、来てもらいました。
Cimg0047s
人間が触れようとすると、抵抗したり逃げようとするのですが、海に入る前に動かなくなる。
Cimg0051s
実は、抵抗しようとするのはまだ元気な部類に入るらしい。
かといって、海に戻っても生存する確率はかなり低そう。
しばらく様子を見てるところで、所用のため辞去しました。

なので、保護したかどうかの顛末はいまのところ不明です。
あとで聞いてみよう~っと。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

アオアシシギ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカゲラ アカショウビン アカハラ アジサシ アトリ アビ アホウドリ アマツバメ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウトナイ湖 ウミアイサ ウミガラス ウミスズメ ウミネコ ウミバト エゾフクロウ エゾライチョウ エトピリカ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオジシギ オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロワシ オバシギ オムサロ原生花園 カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カモメ カヤクグリ カルガモ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト(ドバト) カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジバト キセキレイ キバシリ キビタキ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ ギンザンマシコ クイナ クビワキンクロ クマタカ クロアシアホウドリ クロガモ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ ケアシノスリ ケイマフリ コアオアシシギ コアカゲラ コアホウドリ コウライアイサ コウライキジ コオバシギ コオリガモ コクガン コケワタガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コムケ湖 コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ シジュウカラガン シノリガモ シマアオジ シマアジ シマフクロウ シメ ショウドウツバメ シロカモメ シロハヤブサ シロハラ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ センダイムシクイ ソリハシシギ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タンチョウ ダイサギ ダイゼン チゴハヤブサ チシマウガラス チュウサギ チュウシャクシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツグミ ツツドリ ツバメ ツミ ツメナガセキレイ ツメナガホオジロ ツルシギ トウゾクカモメ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ニュウナイスズメ ノゴマ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシジロアビ ハシビロガモ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハジロカイツブリ ハチクマ ハマシギ ハマヒバリ ハヤブサ バン ヒガラ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメウ ヒメハジロ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フルマカモメ ヘラサギ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロガモ ホシハジロ ポロト湖 マガモ マガン マキノセンニュウ マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミミカイツブリ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ メジロ メダイチドリ モズ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 二十間道路 勇払マリーナ 勇払湿原 動物 北大研究林 厚内 大山(紋別山) 室蘭 支笏湖 文化・芸術 新冠 新冠川 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 有珠善光寺 沙流川 真歌公園 紋別公園 紋別市内 紋別港 苫小牧市内 苫小牧東港 野草 野鳥 錦大沼 長都沼 静内川 鵡川