野鳥

アホウドリ

厚内海鳥調査(6/21)その4、アホウドリです。

飛翔
Img_8630st_ahoudori_atunai_y
若鳥のようで顔のほとんどが黒褐色。ちょっと見にはクロアシアホウドリに似ていますが、嘴がピンク。
そして周囲のクロアシアホウドリより一回り大きいです。
Img_8651st_ahoudorikuroasiahoudori_
海鳥識別ハンドブックによると、成鳥になるまでには10年程度を要するとされています。
Img_8664st_ahoudori_atunai_y
この調査では3年ぶりということでした。
Img_8682s_ahoudori_atunai_y
鳥島での地道な活動が実って、これから見るチャンスが増えていくといいですね。
Img_8688st_ahoudori_atunai_y

| | コメント (0)

クロアシアホウドリ

つづいて、クロアシアホウドリです。

飛翔背面
Img_8329st_kuroasiahoudori_atunai_y
正面
Img_8364st_kuroasiahoudori_atunai_y
着水
Img_8400st_kuroasiahoudori_atunai_y
飛翔左向き
Img_8453st_kuroasiahoudori_atunai_y
Img_8474st_kuroasiahoudori_atunai_y
正面顔
Img_8497st_kuasiahoudori_atunai_y
右向き
Img_8509s_kuroasiahoudori_atunai_y
左向き
Img_8545st_kuroasiahoudori_atunai_y

| | コメント (0)

コアホウドリ

厚内海鳥調査(6/21)で見たコアホウドリです。

昨年の勇払クルーズでは飛んでるところを一瞬見ただけでした。
飛翔
Img_8056st_koahoudori_atunai_y
海面スレスレの飛翔
Img_8294st_koahoudori_atunai_y
漁船の近くでおこぼれを期待中。
Img_8476st_koahoudori_atunai_y
目の周りの隈取りが美しいです。
Img_8514st_koahoudori_atunai_y
正面顔です。
Img_8534st_koahoudori_atunai_y
隈取のせいか、眼窩がくぼんで見えますね。

| | コメント (0)

3月22日の鳥見

この日は早めに仕事が終わったので、夕方の鳥見。

オオハクチョウの中にコハクチョウ1羽まだいました。
Img_0776st_kohakutyou_sizunaiga3wa_
気付かずに近づいてしまい、飛ばせてしまったハイイロチュウヒ♀
Img_2614st_haiirotyuuhi_mukawa_p
帰途、いつもは午前中に通過する場所でコミミズクを発見。
Img_2642st_komimizuku_p
この場所、いつもの鳥見では午前中に通過してしまう場所なので、全くのノーマークでした。
Img_2650st_komimizuku_sarugawa_p
来シーズンからのチェックポイントがまたひとつ増えました。
数年ぶりに会えたタヒバリ。
まだ2回しか見ておらず、しかも同じ場所でしか見てません。
Img_2676st_tahibari_sarugawa_p

| | コメント (0)

3月5日の鳥見

北海道の内陸部、中心近く

オジロワシはいても不思議はないけど
Img_1412st_ojirowasi_minamihurano
この時期のこの場所ににオオワシもいるのですね。そろそろ今シーズンの見納めかも。
Img_1383st_oowasi_minamihurano
この日の一番の目的、クマタカ。立ち姿を見るのは初めてです。
Img_1401st_kumataka
寄り道してエゾフクロウ
Img_1440st_ezohukurou

| | コメント (2)

ベニヒワ

今年は2008、2009年以来のベニヒワの当たり年ですね。

Img_0685st_benihiwa_2
海岸草原だとなかなかひとつところにじっとしていないのですが、
ハンノキの林の中だとしばらく滞在してくれます。
Img_0690st_benihiwa
本当は墨絵の世界が似合いそうな小鳥なのですが、そうぜいたくは言ってられません。
Img_0745st_benihiwa_2
赤みの目立つ個体です。
Img_0775st_benihiwa_yuuhutu_p

| | コメント (0)

ヒドリガモ

なぜか、草地ではないところにいるヒドリガモ。

Img_0517st_hidorigamo
水辺からは数十メートル距離があります。
動きがシンクロ。
Img_0519st_hidorigamo
鳴き声も仕草も愛らしい鳥です。
Img_0526st_hidorigamo

| | コメント (0)

2月14日の鳥見

出発まもなく、電柱にケアシノスリ。
Img_0435st_keasinosuri
出足から幸先が良いです。
日高門別ではハイイロチュウヒ♀がカラスにモビングされていました。
Img_0449st_haiirotyuuhi
富浜漁港ではこの鳥がお昼寝。
Img_0469st_kanmurikaituburi
顔は写ってませんが、後頭部でカンムリカイツブリとわかります。
沙流川付近では再びケアシノスリ
Img_0475st_keasinosuri
オジロワシ
Img_0508st_ojirowasi
むかわではアトリ
Img_0545st_atori
わかりにくいですが、これほとんどミヤマガラスの群れ
Img_0221st_miyamagarasu_y
苫小牧東港にはハジロカイツブリ
Img_0204st_hajirokaituburi
あちこちでベニヒワ
Img_0685st_benihiwa
ベニヒワはハンノキが好きですね。
海岸草原だとなかなか落ち着きませんが、ハンノキの林の中ではじっくり被写体になってくれます。

| | コメント (0)

アジサシ

洋上で休むアジサシの群れです。

Img_7221s_ajisasi_p
個体によって頭の黒色部の範囲や嘴基部の赤味が違います。
Img_7235st_ajisasi_p
Img_7243st_ajisasi_p
飛翔
Img_7122st_ajisasi_p
Img_7176st_ajisasi_p

| | コメント (0)

勇払クルーズ

Iさんのお誘いで勇払クルーズに同乗させていただき、

オオミズナギドリを観察することができました。
魚に群がる?オオミズナギドリの群れ
Img_6991s_oomizunagidori_p
同距離でないために単純比較はできませんが、ウミネコとの大きさの比較です。
中央上部がウミネコ、他はオオミズナギドリです。
Img_6992st_oomizunagidori_to_uminek
海面すれすれに飛ぶ個体。
Img_7017s_oomizunagidori_p
背面
Img_7035st_oomizunagidori_p
糞射。
Img_7044s_oomizunagidori_p
Img_7081st_oomizunagidori_p
コアホウドリとは1度だけの遭遇でした。
Img_7099st_koahoudori_p
濡れてもいい格好で乗船しましたが、展望デッキでも波しぶきをかぶったのにはびっくりでした。
カメラ、レンズへの防水対策は必須のようですね。

| | コメント (5)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アオアシシギ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカゲラ アカショウビン アカハラ アジサシ アトリ アビ アホウドリ アマツバメ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウトナイ湖 ウミアイサ ウミガラス ウミスズメ ウミネコ ウミバト エゾフクロウ エゾライチョウ エトピリカ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオジシギ オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロワシ オバシギ オムサロ原生花園 カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カモメ カヤクグリ カルガモ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト(ドバト) カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジバト キセキレイ キバシリ キビタキ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ ギンザンマシコ クイナ クビワキンクロ クマタカ クロアシアホウドリ クロガモ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ ケアシノスリ ケイマフリ コアオアシシギ コアカゲラ コアホウドリ コウライアイサ コウライキジ コオバシギ コオリガモ コクガン コケワタガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コムケ湖 コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ シジュウカラガン シノリガモ シマアオジ シマアジ シマフクロウ シメ ショウドウツバメ シロカモメ シロハヤブサ シロハラ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ センダイムシクイ ソリハシシギ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タンチョウ ダイサギ ダイゼン チゴハヤブサ チシマウガラス チュウサギ チュウシャクシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツグミ ツツドリ ツバメ ツミ ツメナガセキレイ ツメナガホオジロ ツルシギ トウゾクカモメ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ニュウナイスズメ ノゴマ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシジロアビ ハシビロガモ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハジロカイツブリ ハチクマ ハマシギ ハマヒバリ ハヤブサ バン ヒガラ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメウ ヒメハジロ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フルマカモメ ヘラサギ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロガモ ホシハジロ ポロト湖 マガモ マガン マキノセンニュウ マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミミカイツブリ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ メジロ メダイチドリ モズ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 二十間道路 勇払マリーナ 勇払湿原 動物 北大研究林 厚内 大山(紋別山) 室蘭 支笏湖 文化・芸術 新冠 新冠川 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 有珠善光寺 沙流川 真歌公園 紋別公園 紋別市内 紋別港 苫小牧市内 苫小牧東港 野草 野鳥 錦大沼 長都沼 静内川 鵡川