旅行・地域

走古丹のエゾシカ

今日は鳥ではありません。エゾシカの話題です。

一昨年、同宿した人から、「走古丹にエゾシカが1000頭以上いた」と聞いてましたが、これほどとは。。。

002st_ezosika_hasirikotan_p


写したのは海岸線部分ですが、陸地内部もエゾシカだらけです。

Img_8524st_ezosika_hasirikotan_y


あちこちで道路を横断していて、クラクションを鳴らしてみたら、固まって動かなくなってしまいます。

根室半島にも進出していて、国道脇は鹿よけフェンスの設置工事をやっていました。

最期に、夕日とエゾシカです。

Img_8531s_ezosika_hasirikotan_y

| | コメント (4)

遊楽部河口~有珠善光寺

遊楽部河口では夏羽になりきってないオオジュリン♂

Img_1064s_oojurin_yuurappu_p


マミチャジナイ

Img_1098st_mamityajinai_yuurappu_p


伊達善光寺もこの2日間の陽気ですでに花が散りかけでした。

ヤマガラ

Img_1221s_yamagaradatezenkouji_p

コサメビタキ
Img_1236st_kosamebitaki_datezenkouj


愛鳥週間とはよくしたもので、新緑に小鳥、似合いますね。

これで松前、函館方面への一泊旅行はおしまいです。

次回の更新は未定(^^;たぶん、今月はもう鳥見に行けないかも。

| | コメント (2)

函館山

画像整理が追いつきません。

松前と五稜郭で花見をした翌日は函館山で探鳥です。

ぴーちゃんにも328を持ってもらって、山頂直下で千畳敷へ。

駐車場から歩いてわずか2,300メートルのところで

オオルリ♂

Img_0926st_ooruri_hakodateyama


オオルリ♀

Img_0947s_ooruri_hakodateyama


ルリビタキ♂

Img_0950st_ruribitaki_hakodateyama_


センダイムシクイ

Img_0883st_sendaimusikui_hakodateya


キビタキ♂

Img_0893st_kibitaki_hakodateyama__2


ヤマゲラ♀

Img_0987s_yamagera_hakodateyama_p


ベニマシコ♀

Img_1001st_benimasiko_hakodateyama_


アトリ

Img_1013st_atori_hakodateyama_p


このほかに、ヒガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、アオジにも遭遇しました。

非常に鳥影の濃い場所でした。

地元のバーダーさんの話では、この他にクロツグミやコマドリも見られるとのこと。

函館山、おそるべし。

小一時間で函館山を後にしました。

| | コメント (4)

松前

5月11日から12日にかけて、函館方面に行ってきました。

目的は、花見です。

GWの疲れを癒す観光旅行が目的でしたが、結局鳥にも目がいってしまいました。

まずは松前へ。

姫路城や弘前城などの本物のお城にはかないませんが、いかにもの構図。

Img_3043s_matumae


「南殿」という品種の八重桜が満開でした。下の画像は光善寺の血脈桜。

Img_2921s_ketimyakuzakura_matumae

推定樹齢300年の古木で、松前の南殿桜はこの血脈桜を親木にして増やされたそうです。

こちらは「染井吉野」(一重桜)。

Img_2984s_someiyosino_matumae


道行く人々は皆笑顔でした。

あれ?鳥が出てきませんね。

桜の枝で白目(?)をむいてるカラスをどうぞ(^^ゞ

Img_3090s_karasu_matumae

| | コメント (4)

インクラの滝

5月22日に、インクラの滝へ行ってきました。

「ポロトの森ネイチャーガイドめむの会」の案内でした。

http://blogs.yahoo.co.jp/aoisoraok/14732254.html

国道36号から12Kmほど車で入り、駐車場から数百m歩いて展望台に着きます。

Img_1632st_inkuranotaki_y

落差約44m。

途中の柱状節理の景色もなかなか。

Img_1624s_inkura

今度、紅葉の季節に行ってみよう。

Img_3923s_huirimiyamasumire_inkura_

葉に特徴があってわかりやすいフイリミヤマスミレ

Img_3870s_siraneaoi_inkura_y

大き目の花を咲かせるシラネアオイ

で、今回会った鳥さんは

Img_1590st_kawagarasu_inkura_p

2羽のカワガラスでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワタリガラス

根室遠征の帰路、7日にも野付半島に立ち寄りました。

ワシやカラス、カモメ類が群がってる浜に向かおうとしたとき、

3羽のカラスが飛んできました。

二人とも、そのうちの1羽に視線が釘付けになりました。

「ぴーちゃん、撮って」と言うのがやっとでした。

手持ちの標準ズームで撮れる距離だったのに、ただひたすら肉眼で見つめてました。

なので、なんとかピントが合ってる写真はこの1枚きり。

Img_3813s_watarigarasu_notuke (ぴ)ノートリ

生で見たときに、写真では読み取れない情報が入ってくることがあるようです。

この写真も、実際に見たときのインパクトとはだいぶ違います。

アイヌ語でこの鳥を、「老大なる・からす」と呼ぶ理由がわかったような気がします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ハギマシコ

3月6日の根室半島

思いがけずハギマシコの群れ(約60羽)に遭遇することができました。

Img_3630s_hagimasiko

Img_3660s_hagimasiko

Img_3661s_hagimasiko

Img_3662s_hagimasiko

Img_3674s_hagimasiko

いずれも(や)ノートリ ピンが甘いのを縮小シャープネスでごまかしています(^^; 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

3月のヒバリ

3月6日の根室半島。

波打ち際でハクセキレイ冬羽を追いかけていたら、

Img_3597s_hakusekirei

ファインダーの左端に茶色い小鳥が。

Img_3598s_hakusekirei

あなたは誰?

Img_3599s_hibari

どうやらヒバリのようです。

Img_3603s_hibari

ずいぶんと気の早い個体もいるものですね~

いずれも(や)300mmノートリ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チシマウガラス

3月6日午前8時頃。

今回の遠征の主目的がこの鳥を見ることでした。

宿の主人に教えてもらった観察ポイントに陣取って10数分で来てくれました。

Cimg6315s_tisimaugarasu_nosappu (や)デジスコ ノートリ

ん~、思ったより婚姻色が出ていてわかりやすい・・・

Img_3484s_tisimaugarasu_nosappu (ぴ)328+2倍テレコン ノートリ

今度は真冬に根室半島に来てみよう。

Img_3517st_tisimaugarasu_nemuro_p (ぴ) トリミング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オオホシハジロ

3月5日の根室半島は、みぞれから雨に変わる悪天候でした。

仕方なく各港で車の中から鳥をウォッチング。

花咲港で情報のあったオオホシハジロ、この日は近距離まで寄ってくれました。

いずれも(や)300mm、1枚目だけノートリ、あとはすべてトリミングです。

Img_3231s_oohosihajiro_hanasakikou

正面顔

Img_3188st_oohosihajiro_hanasakikou

ホシハジロとの比較1(オオホシハジロにピント)

Img_3163st_oohosihajiro_hanasakikou

ホシハジロとの比較2(ホシハジロにピント)

Img_3177st_hosihajiro_hanasakikou

最後に図鑑写真(^^;

Img_3165st_oohosihajiro_hanasakikou

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アオアシシギ | アオサギ | アオシギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカゲラ | アカショウビン | アカハラ | アジサシ | アトリ | アビ | アホウドリ | アマツバメ | アメリカコガモ | アメリカヒドリ | アリスイ | イカル | イスカ | イソシギ | イソヒヨドリ | イワツバメ | ウグイス | ウズラシギ | ウソ | ウトウ | ウトナイ湖 | ウミアイサ | ウミガラス | ウミスズメ | ウミネコ | ウミバト | エゾフクロウ | エゾライチョウ | エトピリカ | エナガ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオジシギ | オオジュリン | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオホシハジロ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロワシ | オバシギ | オムサロ原生花園 | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カモメ | カヤクグリ | カルガモ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラバト(ドバト) | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | キアシシギ | キクイタダキ | キジバト | キセキレイ | キバシリ | キビタキ | キョウジョシギ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | ギンザンマシコ | クイナ | クビワキンクロ | クマタカ | クロアシアホウドリ | クロガモ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | ケアシノスリ | ケイマフリ | コアオアシシギ | コアカゲラ | コアホウドリ | コウライアイサ | コウライキジ | コオバシギ | コオリガモ | コクガン | コケワタガモ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コチドリ | コチョウゲンボウ | コハクチョウ | コブハクチョウ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コムケ湖 | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | シジュウカラガン | シノリガモ | シマアオジ | シマアジ | シマフクロウ | シメ | ショウドウツバメ | シロカモメ | シロハヤブサ | シロハラ | スズガモ | スズメ | ズグロカモメ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | センダイムシクイ | ソリハシシギ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タンチョウ | ダイサギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チシマウガラス | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツミ | ツメナガセキレイ | ツメナガホオジロ | ツルシギ | トウゾクカモメ | トウネン | トビ | トモエガモ | トラツグミ | ニュウナイスズメ | ノゴマ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイイロミズナギドリ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハクセキレイ | ハシジロアビ | ハシビロガモ | ハシブトウミガラス | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソガラス | ハジロカイツブリ | ハチクマ | ハマシギ | ハマヒバリ | ハヤブサ | バン | ヒガラ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメウ | ヒメハジロ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フルマカモメ | ヘラサギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロガモ | ホシハジロ | ポロト湖 | マガモ | マガン | マキノセンニュウ | マヒワ | マミジロ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミツユビカモメ | ミミカイツブリ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | メジロ | メダイチドリ | モズ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨシガモ | ルリビタキ | ワシカモメ | ワタリガラス | 二十間道路 | 勇払マリーナ | 勇払湿原 | 動物 | 北大研究林 | 厚内 | 大山(紋別山) | 室蘭 | 支笏湖 | 文化・芸術 | 新冠 | 新冠川 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 有珠善光寺 | 沙流川 | 真歌公園 | 紋別公園 | 紋別市内 | 紋別港 | 苫小牧市内 | 苫小牧東港 | 野草 | 野鳥 | 錦大沼 | 長都沼 | 静内川 | 鵡川