« 2014年3月 | トップページ | 2017年2月 »

2014年6月

アオバト

6月27日、浜に出てみると干潮でした。
それがどうしたと言われそうですが・・・

コンブ漁の人たち。

Img_1106s_konbu
しばらく待つと、♀が一羽だけやって来ました。
Img_1111s_aobato_y
だいぶたってから群れもやって来ました。
Img_9154s_aobato_y
波が来てもすぐに逃げません。
下の画像で中央右下の2羽はもろに波をかぶってます。
Img_9194st_aobato_usenaihama_y
波をかぶってから飛び立ってます。
Img_9196st_aobato_y
この時は1m前後の波だったので、アオバトにとっては余裕だったのでしょう。
よくアオバトが波にさらわれて命を落とす話を読みますが、まだこの目で見たことはありません。
低気圧が去ったあとの波の荒い時に確かめてみたい気がします。
アオバトの飛翔。左端が♂です。
Img_9296st_aobato_y
撮影場所の近くでこんなものを見つけました。
ハヤブサでしょうか。
Img_1119s_y
アオバトの群れを狙って飛来したと思うのですが、何があったのでしょうね。
Img_1121s_y

| | コメント (2)

フルマカモメ

厚内海鳥調査(6/21)その5

カモメと名のつく、ミズナギドリの仲間です。
飛翔
Img_8234st_hurumakamome_atunai_y
飛翔
Img_8952st_hurumakamome_atunai_y
鼻孔はチューブ状になってます。
Img_8588st_hurumakamome_atunai_y

| | コメント (0)

アホウドリ

厚内海鳥調査(6/21)その4、アホウドリです。

飛翔
Img_8630st_ahoudori_atunai_y
若鳥のようで顔のほとんどが黒褐色。ちょっと見にはクロアシアホウドリに似ていますが、嘴がピンク。
そして周囲のクロアシアホウドリより一回り大きいです。
Img_8651st_ahoudorikuroasiahoudori_
海鳥識別ハンドブックによると、成鳥になるまでには10年程度を要するとされています。
Img_8664st_ahoudori_atunai_y
この調査では3年ぶりということでした。
Img_8682s_ahoudori_atunai_y
鳥島での地道な活動が実って、これから見るチャンスが増えていくといいですね。
Img_8688st_ahoudori_atunai_y

| | コメント (0)

クロアシアホウドリ

つづいて、クロアシアホウドリです。

飛翔背面
Img_8329st_kuroasiahoudori_atunai_y
正面
Img_8364st_kuroasiahoudori_atunai_y
着水
Img_8400st_kuroasiahoudori_atunai_y
飛翔左向き
Img_8453st_kuroasiahoudori_atunai_y
Img_8474st_kuroasiahoudori_atunai_y
正面顔
Img_8497st_kuasiahoudori_atunai_y
右向き
Img_8509s_kuroasiahoudori_atunai_y
左向き
Img_8545st_kuroasiahoudori_atunai_y

| | コメント (0)

コアホウドリ

厚内海鳥調査(6/21)で見たコアホウドリです。

昨年の勇払クルーズでは飛んでるところを一瞬見ただけでした。
飛翔
Img_8056st_koahoudori_atunai_y
海面スレスレの飛翔
Img_8294st_koahoudori_atunai_y
漁船の近くでおこぼれを期待中。
Img_8476st_koahoudori_atunai_y
目の周りの隈取りが美しいです。
Img_8514st_koahoudori_atunai_y
正面顔です。
Img_8534st_koahoudori_atunai_y
隈取のせいか、眼窩がくぼんで見えますね。

| | コメント (0)

厚内海鳥調査(6/21)

野鳥の会十勝支部の調査に同船させていただきました。

朝6時半出港。ところどころ海霧が発生してました。
Img_1080s_atunai
舳先には海鳥をカウントする人2名、後ろに記録係がついてます。
復路では右端の方もカウントに参加してました。
Img_1082s
行きはウトウや
Img_8269st_utou_atunai_y
ハイイロミズナギドリがパラパラと。
Img_7923st_haiiromizunagidori_atuna
沖合で停船すると、漁船のおこぼれにあずかろうとカモメ類が集まり、コアホウドリとクロアシアホウドリもつられてやって来ました。
Img_1084st_koahoudori_to_kuroasiaho
このあと、フルマカモメやアホウドリも現れたのですが、これは次回以降に個別に紹介します。
アホウドリについてはこの調査では3年ぶりということで、調査員の方をはじめ船内は興奮状態でした。
3種をおさめた写真は撮れませんでしたが、ワタリアホウドリを除いて北半球で見られるアホウドリ類を一度に見たことになります。幸運でした。
復路は往路と同じように鳥はパラパラ。陸に近づくと霧で視界が悪くなりました。
港でカワウと
Img_9099st_kawau_atunai_y
ウミウを
Img_9111st_umiu_atunai_y
同時に見たのは初めての経験でした。
日高沿岸で見られなくなったシノリガモもこちらにはいました。
Img_9122s_sinorigamo_atunai_y
船から降りたあと、船長さんの番屋で煮つぶ、タコ刺しなどをいただきながら談笑、12時過ぎに解散となりました。
十勝支部の食べ物へのこだわりは支部長さんの方針だそうです。

| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2017年2月 »