« むかわ沖(3月26日) | トップページ | コアホウドリ »

厚内海鳥調査(6/21)

野鳥の会十勝支部の調査に同船させていただきました。

朝6時半出港。ところどころ海霧が発生してました。
Img_1080s_atunai
舳先には海鳥をカウントする人2名、後ろに記録係がついてます。
復路では右端の方もカウントに参加してました。
Img_1082s
行きはウトウや
Img_8269st_utou_atunai_y
ハイイロミズナギドリがパラパラと。
Img_7923st_haiiromizunagidori_atuna
沖合で停船すると、漁船のおこぼれにあずかろうとカモメ類が集まり、コアホウドリとクロアシアホウドリもつられてやって来ました。
Img_1084st_koahoudori_to_kuroasiaho
このあと、フルマカモメやアホウドリも現れたのですが、これは次回以降に個別に紹介します。
アホウドリについてはこの調査では3年ぶりということで、調査員の方をはじめ船内は興奮状態でした。
3種をおさめた写真は撮れませんでしたが、ワタリアホウドリを除いて北半球で見られるアホウドリ類を一度に見たことになります。幸運でした。
復路は往路と同じように鳥はパラパラ。陸に近づくと霧で視界が悪くなりました。
港でカワウと
Img_9099st_kawau_atunai_y
ウミウを
Img_9111st_umiu_atunai_y
同時に見たのは初めての経験でした。
日高沿岸で見られなくなったシノリガモもこちらにはいました。
Img_9122s_sinorigamo_atunai_y
船から降りたあと、船長さんの番屋で煮つぶ、タコ刺しなどをいただきながら談笑、12時過ぎに解散となりました。
十勝支部の食べ物へのこだわりは支部長さんの方針だそうです。

|

« むかわ沖(3月26日) | トップページ | コアホウドリ »

厚内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« むかわ沖(3月26日) | トップページ | コアホウドリ »