« シロハヤブサ | トップページ | 1月22日の鳥見 »

今シーズン初見の鳥

ノスリは国道沿いの電線に普通にとまってるけど・・・
ケアシノスリはなかなか見つけられない。
Img_9469st_keasinosuri
有名探鳥地へ行って・・・

ハイイロチュウヒ雌と

Img_9560st_haiirotyuuhi
コミミズクを見ました。
Img_9626st_komimizuku
この日、一番興奮したのは
むかわへ行く途中ですれ違ったマガンの群れ(その数160羽)。
なかなか見つけられなかった越冬マガンがこんなにいたなんて・・・
Img_9915s
飛行ルートはこんな感じ。
Photo
いずれも今シーズン初見の鳥でした。

|

« シロハヤブサ | トップページ | 1月22日の鳥見 »

マガン」カテゴリの記事

ハイイロチュウヒ」カテゴリの記事

ケアシノスリ」カテゴリの記事

コミミズク」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。
ハイチュウやコミミずくはこちらでも見れますが、さすがにマガンのこんなに大きい群れは見る事が出来ません。
迫力ありそうですね。
↓のシロハヤブサ、こちらで鷹匠の方が訓練されてるところを見たことがあります。

投稿: ソングバード | 2014年1月21日 (火) 16時47分

ソングバードさん、おひさしぶりです。
というか、私のブログ更新が数カ月ぶりですもんね。
忘れずにチェックしてくださってありがとうございます。
出不精、筆不精を解消すべく、リハビリにつとめております。

マガンの越冬地は、北海道では静内と伊達が有名です。
静内は1995年から、伊達は1999年から越冬しています。
今シーズンは静内のマガンがなかなか見つけられず、連続越冬記録が途絶えるかというところでしたが、これで一安心です。

シロハヤブサはハヤブサよりも体が大きいですね。

投稿: やまちゃん | 2014年1月21日 (火) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シロハヤブサ | トップページ | 1月22日の鳥見 »