« 1月6日の鳥見 | トップページ | 1月18日の鳥見 »

1月8日の鳥見

けあらしの朝

Img_7479s


ナナカマドも装いを一新

Img_7487s

電線に白鷺は北海道では珍しいのでは?

Img_8848s


目的の鳥は遠く、今日も撮ったのはコミミズクでした。

Img_8873st_komimizuku_p


Img_8910s_komimizuku_p

|

« 1月6日の鳥見 | トップページ | 1月18日の鳥見 »

野鳥」カテゴリの記事

コミミズク」カテゴリの記事

コメント

確かに、電線に止まっている白鷺は珍しいですね、と言うか、初めて見ました。

コミミズク撮りまくりで、羨ましい限りです。

こちらのコケワタは、抜けたようですね?つぼちゃん、みやちゃんは、フラレたようです?

投稿: てっちゃん | 2012年1月 9日 (月) 13時30分

こんにちは。
1枚目の写真、綺麗ですね。
「けあらし」って云うんですか。
ナナカマドに雪も絵になりますね。
こちらでは、コサギがよく電線にとまってますよ。

投稿: ソングバード | 2012年1月 9日 (月) 14時33分

てっちゃん、オホーツクでは白鷺自体珍しいですもんね。
電線の白鷺は私達も初めてですよ。

コケワタ、もう抜けたんですか、短かったですね。
つぼちゃん、みやちゃんは昨年見てるから大丈夫でしょう。

投稿: やまちゃん | 2012年1月 9日 (月) 19時24分

ソングバードさん、ありがとうございます。
「けあらし(気嵐)」って北海道方言だったんですね。
一般的な気象用語だと勘違いしてました。
氷点下10℃以下のシバレタ(これも北海道方言)朝、凍結しない海面や川面に白く霧が立ち上ることが多いです。
よく、橋の上から川面のけあらしをのぞき込んでいると、お湯と勘違いして飛び込みたくなります(ウソ50%)。
ナナカマドについてるのは雪ではなく、この霧が樹氷のように氷着したものです。

電線の白鷺はそちらでは見慣れた風景なんですね~
びっくりしました。

投稿: やまちゃん | 2012年1月 9日 (月) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月6日の鳥見 | トップページ | 1月18日の鳥見 »